自然を謳う、のびやかな暮らし
心に、やすらぎ深呼吸


注目を集めるフロイデン八千代
  −滞在型市民農園−

この豊かで美しい自然にふれ、のどかな農村文化が体験できる施設。
そして都市と農村の交流を進める施設。
それが「フロイデン八千代」です。
春は花、夏にホタル、秋の実り、冬の静寂、彩る山の麓、清き流れの川辺にドイツのクラインガルテンをイメージしたこの施設は、自由な滞在生活を通じて、ご家族での体験の喜びと心身のリフレッシュが出来る、そんな安らぎと潤いのある生活をあなたに提供します。
いま「フロイデン八千代」は都市と農村の交流拠点。
フロイデン八千代の楽しみ
−思い思いにエンジョイ
さわやかに緑を吹き渡る風の色、風の言葉−
ここには、心の奥から満たされていく本物の豊かさがあります。
趣味の庭仕事や野菜作り、澄んだ空気のなかでの家族のふれあい。また木陰の椅子に腰掛け、寛いだおしゃべりが始まる友人とのパーティー
土や緑が持つ生命に満ちた癒しの力自然の優しさに包まれて、思い思いに安らぎの時間をお楽しみください。
都市と農村の社交の舞台
 −交流センター
共同利用施設
@交流センター
都市と農村の交流の拠点となる施設であり、機能として120名収容のホールや40名収容の談話室(サロン)と味噌や漬物加工できる加工室を備えています。
A野外ステージや共有農園があります。
B共同利用の駐車場があります。
その他
地域の収穫作業の体験や自然体験などにも参加できます。

概      要
敷地面積 35,000u
建物面積 滞在棟60棟(1棟あたり28u)
交流センター 320u
野外ステージ 30u
管理棟 20u
第1期工事/滞在棟25棟、管理棟1棟
第2期工事/滞在棟35棟、交流センター1棟、野外ステージ
工期 第1期工事
平成4年1月15日着工 平成5年2月27日完成
第2期工事
平成5年11月5日着工 平成7年3月22日完成
ハウス 木造中2階約28uでバス・トイレ、冷暖房、キッチン、寝室等。
芝生広場 憩いの場として緑地空間があります。
果樹園 自主的に柿、梅、グミ、ナツメ等の季節感あふれる果樹を植栽し、四季折々に故郷の味が楽しめます。
花木園 お好みの花木やシンボルツリー等を植栽することができます。
農園 四季の野菜を地域の指導等によって栽培できます。
付帯施設 各区画に駐車スペースがあります。
詳しいお問い合わせは、多可町役場 産業振興課まで TEL:0795-32-2388