杉原紙ができるまで
線

@楮刈り   A楮蒸し
写真杉原紙の原木である楮は、春に株から何本もの芽が伸び、その年の秋には、2〜3mになります。霜が降り葉が散ると刈り取り、切り揃えます。   写真長さ1.2mに切り揃えた楮を、皮を剥ぐために大きな釜で蒸します。
B皮はぎ   C楮もみ
蒸した楮は、熱いうちに皮を剥ぎます。   剥いだ皮は外皮を削りやすくするために足でもみ柔らかくします。
D黒皮とり   E川さらし
黒皮の外皮を包丁で削り取って、白皮にします。   白皮を杉原川に一晩浸しておき、雪や冷たい水にさらして白くします。外気が冷たいほど白さが増します。
Fきず取り   G釜だき
良質の紙を作るために、小さなきずも切り除き美しい繊維だけにします。   写真白皮を一晩清水で浸しておき、これを大釜でソーダ灰を加えて煮騰させ、繊維のまわりの不純物を水に溶けやすくします。
H楮みだし   I紙たたき
写真煮えた楮の皮は清流で不純物を流し去った後、「チリ」を取り除きます。冬は手が切れるくらい冷たく困難な仕事ですが、この中から本当の良質な紙が生み出されます。   繊維をほぐすために、紙料をたたきます。昔は木づちでたたいていましたが、 現在は機械(うす)で叩解します。さらにビーター(鎌のついた機械)で繊維を細かくします。
J紙漉き   K圧搾
写真水を張った漉舟によくたたいた紙料とサナ(トロロアオイの根からとったのり)を入れ、よくかき混ぜます。 紙は簀桁を揺らしながら1枚1枚漉いていきますが、その1枚の紙を漉くに は化粧水、調子、捨水の3行程を踏まえて行います。漉き終わると、簀を桁からはずし、湿紙を紙床に150〜200枚に積み重ねて いきます。   漉いた紙を一晩放置し、翌朝ジャッキで圧搾します。圧搾は時間をかけゆっくりと行います。
L紙干し   M選別
写真圧搾した紙を1枚ずつはぎ取り、干し板に刷毛で貼り付け天日で乾燥させます。しかしながら天候不順や能率の面から、今日では鉄板での乾燥が中心となっています。   できあがった紙全部が製品として売れるわけではありません。仕上がった紙を1枚1枚念入りに検査し、合格した製品のみが商品として売りに出されます。

原料楮(こうぞ)の育て方
「杉原紙ができるまで」Topへ

線
  戻る