杉原紙の歴史
線

 名実ともに日本一の紙 スギハラのルーツはこの地なり 日本一の紙として

 多可町加美区の北部、杉原谷で紙をすき始めたのは、7世紀の後半と推定されています。 杉原紙は奈良時代には「播磨紙(はりまがみ)」と呼ばれ、主に写経用紙や薄紙がすかれていました。この時代、全国には紙をすく国が20近くありましたが、播磨は、出雲・美作・美濃・越前・尾張などと並ぶ製紙の先進国として知られ、天平16年(744年)には、1万枚、同18年には1万7千枚の注文が播磨国に出されたという記録も残っています。 また、昭和35、6年ごろに行われた、正倉院の紙の研究調査報告にも、播磨国司が天平18年に提出した「播磨国正税帳」に用いられている紙は、出雲などに比べると、はるかに技術が進んでいるという記述があり、播磨紙の優秀さを明らかにしています。

 さらに、承和3年(836年)、唐の都・長安の青龍寺に遣わされた、東寺の僧が携えていった贈物のなかに播磨雑色薄紙40帖が含まれていたという記録もあり、当時、播磨紙が名実ともに日本一の紙として珍重されていたことがうかがえます。

 貴族に珍重された杉原紙

 播磨紙が杉原紙と呼ばれるようになったのは、平安時代になってからのこと。関白藤原忠実が記した日記「殿暦」の永久4年(1116年)7月11日のところに、この日行った先祖の法要の引出物として、娘の泰子と長男の内大臣忠通とに、それぞれ藤原家代々の家宝に添えて、「椙原庄紙(すぎはらしょうのかみ)」100帖を贈ったと書かれています。椙原庄紙の名が文書のなかに表れているのは、現在のところこれが最初ですが、この地が藤原氏の荘園とされたのは11世紀後半のことで、椙原庄紙の名はそのころに生まれていたと考えられています。

 最初は藤原家だけで使用していた椙原庄紙ですが、平安末期から鎌倉時代には、多くの人に愛用されるようになり、「椙」の寺が「杉」に変わり、杉原と略して呼ばれるようになりました(スギハラ、スイバラ、スイハラなど、いろいろな呼び方がされました)。

 武士社会にも普及

 京都を中心とする近畿地方へだけ送られていた杉原紙が、東国へ進出したのは12世紀初めのこと。鎌倉時代の歴史のあらましを書いた「北条九代記」の承久元年(1219年)のころに「杉原紙初めて流布す」との記述があり、この年初めて杉原紙が鎌倉幕府の公用紙となったことを知ることができます。

  鎌倉では、杉原紙は御下丈紙とか公文紙と呼ばれ、公文書用紙として用いられていました。 初めは幕府がもっぱら使っていましたが、次第に武家社会全般にも普及し、「武士は杉原紙以外の紙に文を書いてはならない」とされるようにさえなりました。

 室町時代には、公家・武士・僧をはじめ、一般庶民にも普及し、杉原谷の紙すきはますます盛んになっていきました。特に、杉原紙を進物にするという習慣が一般社会にまで広まり、杉原紙の需要は増え続けたのです。そういう状況なので、杉原谷の生産だけでは追いつかなくなり、全国各地で、楮(こうぞ)を用いて杉原紙に似た紙がすかれるようになりました。国名を頭につけた「○○杉原」という紙が全国に出回り、杉原は和紙の代名詞といってもよいほどその名が知られていきました。

  誇るべきことは、室町時代の終わり近いころまで杉原谷が全国唯一の杉原紙の生産地であったこと。それに、他国で杉原紙がすかれるようになってからの江戸時代においても、献上品などの別格の高級品は、杉原谷においてのみすかれていたことです。

 江戸時代半ばになると、杉原紙は庶民の家にもいきわたり、広く用いられるようになりました。 丈夫なことから、当時盛んに行われた書籍用の印刷用紙として、また浮世絵や錦絵の多色刷りの版画の用紙としても大いに用いられました。このように享保のころから約100年間が製紙業の最も盛んな時期で、杉原谷には300軒あまりの製紙業者があったということです。

 徐々に衰退

 隆盛を誇った杉原紙も、18世紀をピークに徐々に衰退の途をたどることになります。それは、 紙の需要が減ったからではなく、製紙の中心地が、経済の先進地から後進地へと移ったことによります。従来の製紙中心地は、製紙から他のもっと効率のよい産業に転換するのです。杉原谷でも造林業や炭焼き、凍りコンニャク製造などいろいろな産業がおこり、それに職を転じる人が増えたこと、原料の楮が少なくなり、他地方から買い込まなければならず、製紙業では収益をあげることができなくなったこと、などが大きな原因でしょうか。

  そして、杉原紙の衰退にさらに拍車をかけたのが、明治5年(1872年)、ヨーロッパで発明された機械すきの製紙法が日本に上陸したことです。明治後期には洋紙産業が本格化し、和紙に替わるものとして使用され始めたのです。

明治期には半紙づくりが主に

 明治になっても、少し格式ばったことにはやはり杉原紙が使われていて、少ないながらも杉原紙の需要は絶えませんでした。主に山に生える楮が少なくなった杉原谷では、杉林の下に三椏(みつまた)を植え、それを用いての半紙の生産を主に、ときどき杉原紙をすくという状態が続いていました。 しかし、それでも明治年間、杉原谷には紙をすく家がまだ30数軒あったのです。

 ついに杉原紙の灯が消える

 大正初年にも、杉原谷には三谷をはじめ、清水・箸荷・門村などに数軒の紙すき農家がありました。しかし若者は、年々増えていく他の職業に従事し、老人だけが細々と、遠い祖先から受け継いできた杉原紙の伝統を守り続けていたのですが、それも1軒減り、2軒減り、とうとう大正14年、7世紀以来続いてきた、杉原谷での紙すきの永い歴史は、その幕を閉じたのでした。

 杉原紙復元

 西洋紙に圧倒され、その後数十年、杉原谷の紙すきは途絶えていましたが、これがよみがえることになるのです。  幻の紙「杉原紙」を再び世に出していただいたのは、寿岳文章(じゅがくぶんしょう)博士の和紙研究に始まります。寿岳博士は、昭和15年に新村出(しんむらいずる)博士とともに杉原谷村を訪ねられ、和紙の代名詞ともいえる杉原紙がこの地ですき出されたことを実証してくださったのです。このことによって、町内の郷土史研究家・藤田貞雄先生が深く感銘され、以降独自の研究をされました。

 日本が高度経済成長を果たし、心の潤いや充実に目を向けだした昭和40年代になると、こうした輝かしい歴史と永い伝統を誇る杉原紙を復興させようという動きが起こり始めました。昭和41年には、杉原谷小学校の校庭に、「杉原紙発祥之地」記念碑が有志の人たちの手で建てられ、同45年には藤田貞雄先生が、30年をかけて杉原紙を研究された集大成「杉原紙」を出版されました。また 同年、紙すき経験のあるお年寄りを中心に、紙すきの道具を集め、実に50年ぶりに杉原紙の紙すきを現代に再現することに成功したのです。

 こうした動きを行政も全面的にバックアップ。昭和47年4月に町立杉原紙研究所を設立し、昔どおりの技法で本格的な紙すきを再開しました。その後さらに研究を重ねて立派な紙をすき続け、 昭和58年春には兵庫県の重要無形文化財に指定されるまでになりました。また、昭和60年夏、 神戸市で開催された「ユニバーシアード神戸大会」の表彰状にも使用され、日本を代表する紙としての輝かしい歴史をも再現させたのです。

  杉原紙が一千年以上の永きにわたって天下の名紙として世人に愛されたのは、この郷土に豊富に自生していた楮、深い谷の奥からこんこんとわき出、流れて尽きぬ冷たく澄んだ清らかな水、雪が舞い厳しく冷えこむ気象条件、これらの要素が産み出した以外の何物でもありません。それに自然の恵みを巧みに活かし、祖先が絶えざる工夫と努力を積み重ねてきたたまものなのです。

 杉原紙復元後のレポート

 藤田貞雄先生の和紙研究は30年にもおよぶ。この本はまさに半生を捧げた労作と呼ぶにふさわしい。先生をここまで燃えさせるきっかけとなったのは、まぎれもなく2氏との運命の出会いである。

  昭和15年8月2日、郷土史の研究をしていた藤田氏は、杉原紙の原産地を求めて杉原谷村を訪ねた新村出、寿岳文章両博士を、村長らとともに案内することになる。和紙の代名詞といわれるスギハラの原産地は、播磨の杉原以外に美濃の杉原も候補にあげられていた。のちに、この地が杉原紙発祥の地であると2人から「折り紙」をもらう。その裏付け資料ともいうべき『杉原紙源流考』『和紙風土記』この2つの研究論文を読んだ藤田氏は、ただただ感動するばかり。このとき、藤田氏33歳。以来、和紙研究の道へ。藤田先生のあの日の感動が今日の杉原紙に結びついた、と言っても過言ではない。
  感動したのは藤田先生だけではなかった。新村、寿岳両博士も深く感銘を受けたという。水のきれいなこと、杉林の美しいこと、そして杉原谷で温かいもてなしを受けたことは、2人にとって生涯忘れることのできない思い出となった。このことは、今でも寿岳博士のご息女の章子先生からよく耳にする。
  本が出来上がるまでには、並々ならぬ苦労があった。藤田氏は強度の近眼で、晩年は白内障に悩まされ続けた。だから、字の薄い古文書を読むのには大変骨が折れた。「本が出来たら、死んでもいいと思った」と寿岳博士にもらしたことがある。藤田氏は、子どものころに見た、真っ白な杉原紙を干す風景が、ずっとまぶたの裏に焼きついていた。きっと使命感みたいなものが、本を完成させたのだろう。

  こうして、研究図書『杉原紙ー播磨の紙の歴史』は昭和45年12月に生まれた。藤田氏、63歳。ちょうど30年の研究成果である。当時は、県下初の和紙研究書として注目を集め、全国各地の和紙研究家、愛好家からも高い評価を得た。
  発刊の数年前から町民のなかに杉原紙を見直そうという動きも現れ始めていた。杉原谷小学校の校庭に「杉原紙発祥の地」記念碑が有志によって昭和41年に建立され、人々の関心を高めていた。本が出版された同年に、永年途絶えていた幻の名紙・杉原紙が、町と町民の手によって実に半世紀ぶりに復元。その翌年、町は全国でもめずらしい町立の施設「杉原紙研究所」を開設。1冊の本が契機となって、町民のなかに杉原紙を大切に守り育てようという動きが次第に大きくなっていき、最終的に「町」が紙をすくまでに発展、当時の竹本修二町長が提唱する「小さな町の大きな文化事業」が一つひとつ形となって出来上がっていったのである。

  昭和47年、陽春の日ざしもやわらかな4月18日、町立杉原紙研究所の開所式が行われた。式典には、兵庫県の一谷副知事、寿岳博士、甲南大学教授の和田邦平氏、また和紙復元に大きな力を貸した京都府黒谷和紙の中村元氏ら約50人が参列。式は、厳粛に、かつ盛大にとり行われた。式典で一谷副知事は「ものを作る喜び、埋もれた文化を掘り起こし、伝える喜びを、現代人の心に呼び起こしてほしい」とあいさつ。企業化への成功を祈った。また寿岳博士は、西行法師の歌になぞらえて和紙復元の喜びを語った。「年たけて また相見む(また越ゆべし)と 思いきや 命なりけり 播磨杉原(さよの中山)」  研究所が設けられて10年、昭和57年に「杉原紙保存会(代表・森野義史町長)」を結成。調査の結果に基づいて、保存会が翌年に兵庫県指定重要無形文化財の保持団体に認定された。こんなことが弾みとなって、同60年夏、神戸市で開催されたユニバーシアード大会の表彰状にも使用され、日本を代表する紙としての輝かしい歴史をも再現。昔とたがわぬ技法ですかれる純粋のこうぞ紙は、最近では兵庫県伝統的工芸品に認定されるまでになった。

  今日の杉原紙の姿に至るまでには、多くの人たちの努力とチームワークがあったことを忘れてはならない。京都府から半年間泊まり込みで紙すきの指導にあたってくださった黒谷和紙の福田ご夫妻、農協職員を退職し紙すき職人を志した井上青年、何も分からない紙すきの世界へ飛び込み、冷たい水を使った厳しい作業を始めた女性たち、研究所を陰から支えたこうぞを栽培している人たち、製品加工する人たち・・・。雨の日も雪の日も、厳しい手作業に耐えながら真の杉原紙を目指して頑張ってきた職員はもちろんだが、杉原紙はこうして多くの人たちに支えられて大きくなった。

  やがて杉原紙の輪は、学校や職場、地域にまで広まっていった。北部の杉原谷小学校は昭和56年に「地域カリキュラム開発・研究」の推進校に指定され、地域の特産である杉原紙を使った学習の取り組みを開始。和紙の歴史を学んだり紙をすいたり、和紙が京の都へ渡ったと思われるルートを実際に歩いてみたり、先生と児童が一緒になっての学習が続いた。すぐに紙すき小屋を建設し、子どもたちはそのなかで紙をすくようになり、同62年には茅葺きの立派な紙すき実習室「春蘭の家」が完成。いまでは紙すきが学習の一部としてすっかり定着している。また、松井小学校では同61年から杉原紙を使った版画カレンダーを毎年作成し、公共施設や地域の独り暮らし老人宅等に届けている。さらに、杉原谷郵便局では杉原紙をデザインした風景入り日付印や杉原紙製の押印台紙、オリジナル切手帳などを製作。地域色を全面に出したPR活動を行っている。このほか、奥荒田地区では全戸で「奥荒田こうぞ栽培互助会」を結成してこうぞ栽培に取り組み、いまでは年間に5トンを収穫するまでになった。和紙研究家から「日本一のこうぞ畑」と評されており、年末には収穫を祝う「こうぞまつり」を開催している。
  平成3年5月、杉原紙研究所の井上正康所長は、京都府向日市の寿岳博士宅を訪ねた。普段のごぶさたのあいさつと「杉原紙発祥の地記念碑」撰文に落款をもらうためである。先生は91歳の高齢で大分体が弱っておられたが、娘の章子さんに支えられて応接間へ顔を見せてくださった。先生は撰文にしっかりと押印。そして、「和紙の前途は大変厳しいが、杉原紙のすばらしい伝統を守るため頑張ってほしい」と所長を励まされた。その翌年春、寿岳博士は91歳でご永眠。同年秋、寿岳先生のあとを追うようにして藤田先生も他界された。

  平成6年3月、多可町加美区とゆかりの深い寿岳章子先生を招き、加美ふるさと塾が第1回目のふるさと講座を開講。その後も和紙をテーマに講演会を開催し、和紙について町民たちが学んでいる。また、杉原紙のはがきを使った「杉原紙年賀状全国コンクール」や和紙原料のこうぞを町民で育てる「こうぞの一戸一株栽培運動」も始まり、杉原紙を大切にする気運は徐々に高まっている。
 平成8年10月、待望の「道の駅・R427かみ」がオープンした。あわせて杉原紙研究所も新装オープン。手すき和紙の体験ができる道の駅として、人気の観光スポットとなっている。
 平成9年3月、かみのかみまつり、9月には全国手漉き和紙青年の集い加美大会を開催。
 平成12年4月、和紙博物館「寿岳文庫」がオープン。和紙研究家の故・寿岳文章先生の蔵書や杉原紙関係の書物などを展示するほか、「語りべのやかた」として町内ボランティアの方々が杉原紙の歴史などを伝えている。
 平成13年11月、「杉原紙に魅せられた作家展」を加美区清水の旧山口吉五郎邸で開催。
 平成18年9月〜10月にかけて兵庫県内各地で開催されたのじぎく兵庫国体において表彰状として使用される。
 平成21年度から町内の全小学校6年生が卒業証書づくりを開始。和紙の里として、自分たちで漉いた杉原紙の卒業証書を手に巣立っている。

線
  戻る